“Movement-Image / 運動イメージ”

Date : 2011年12月23日 (Fri)
Venue : @soup
Open : 18:00
Ticket : ¥1,500
Act: [LIVE]
World as Will
Zbigniew Karkowski & Tetsuo Furudate
http://www.tetsuofurudate.info/World_as_Will/
[GUEST LIVE]
光線獣(Yousuke Fuyama & Stephane Shibatsuji-Perrin)
http://cho-yaba.com/works/kousenjuu.html
More Info : 久々に光線獣でライヴします!共演はズビグニエフ・カルコウスキー氏と古舘徹夫氏 !貴重なライヴとなること必須ですので、ぜひともsoupの圧倒的サウンドとともにお楽しみください。

【光線獣は、Stéphane Shibatsuji-Perrin aka 23N!とYousuke Fuyamaのコラボレーションプロジェクト。soundfollies13 at superdeluxeなどでも使用したスクリーン型シンセデバイス”Synescreen”と映像プロジェクションによる視聴覚・共感覚パフォーマンスを行う。】
↓↓↓↓

http://www.tetsuofurudate.info/live_information_2011_12_23/index.html
この企画は映像とのコラボレーションです。
イントロダクションとして、古舘と古い日本映画。
カルコフスキーのソロと先鋭のビデオ・アート
(Ex. Jorge Castro – Argentina, Brian O’Reilly – USA/Singapore and Moju-video from Switzerland. Plus some works of american sound/video artist Scott Arford)
ゲストの「光線獣」はオリジナルの映像作品と。
最後に「World as Will」 は多分、なんとセルジオ・レオーネの「ウエスタン=C’era una volta il West (Once Upon a Time in the West)1968」と一緒に。